<島根>出雲國 仁多米 2017年09月06日更新

この品種のレビュー

  • 西の魚沼

    関 聡
    さらに見る

東の「魚沼」、西の「仁多米」

仁多郡奥出雲地方の棚田は標高300~500mにあり、昼夜の温度差、面積の86%を占める豊富な森林に覆われた花崗岩から湧き出るミネラル分を含んだ岩清水で、仁多米づくりは行われます。
また、昔ながらの完熟堆肥をすきこんだ土づくりを行い、安全安心なお米作りにも取り組んでいます。

産地 島根
米の品種・銘柄 コシヒカリ
特徴 ふっくらした炊き上がり, しっかりした粒, つやがある, 強い粘りがある, もちもち感がある, 甘みがある, 粒ぞろいがいい, コシがある

この品種のレビュー

  • 西の魚沼

    関 聡
    さらに見る

<粘り・硬さ計 物性値グラフ/用語説明>

硬さご飯の硬さ。数値が大きいほど硬い。
粘りご飯の粘り。数値が大きいほど粘りがある。
バランス粘り/硬さの数値、数値が大きいほど軟らかく粘りがある。
弾力性ご飯の弾力。数値が大きいほど弾力がある。

販売サイトはこちら

公式サイトへ

このお米に対する皆様のコメントを募集!

投稿内容については編集部のほうで公正中立基準に審査し、疑わしい投稿については公表を控えさせて頂きます。
投稿から掲載につきましてもお時間を要する可能性がございます。
投稿していただいた方のプライバシーは厳守致します。


コメント一覧

  • 評価 4

    仁多米コシヒカリは島根県北部のごく一部の農家さんのものが本物の旨みを持った米です。仁多米というブランド名だけで同じようなものを売っていますが、まったく違います。柔らかく粒が際立ち、適度な神ごたえがあり、本当にごはんだけで食べられます。恐らく1キロ当たり800円以上はすると思います。旨みは南魚沼産のものより断然おいしいです。

    (2020.06.18 投稿名:ばっきん)
  • 評価 4

    天下にその名を轟かす仁多米から「大峠源流米」と「櫛名田姫米」を頂きました。まず大峠源流米。こちらは仁多米の産地の中でも特に名高い「真木」という地域の中で最も高い標高(600㍍)のところで生産るお米。…意外と粘りは少なめ。粒のふっくらしたハリ感に特徴を感じました。低アミロース米などとは違った正真正銘のお米本来のおいしさとはこういう感じなのでは?と思いました。神仏に供えるに相応しいような高雅な味わい。…に対して仁多米産地の中で唯一の無農薬栽培を手掛けるベストファーマーの櫛名田姫米。こちらは万人がおいしい!とイメージする高級コシヒカリの味かと…。まず食べる前からその際立つ白さが美しい。う・つ・く・し・い。粘りはこちらの方があって欠点のないバランスの良好な食味&食感。お米界のブルーマウンテンですな。素晴らしい。また島根には某TV番組で話題になった「隠岐島藻塩米」というのもありますね!

    (2020.11.07 投稿名:マムマム)